血液と血管に関する健康の基礎知識

健康と病気に関する血液と血管の機能とは

血液と血管の健康

突然ですがあなたは、
血液の機能を知ってますか?

そのほかにも、
なぜ血管はしなやかであるべきなのか、糖分や油脂分のなにが悪いのか、血液ドロドロのなにがいけないのか・・・

知っていそうで、意外に知らない”血”の基礎知識。

よもや、それが人生の健康までも左右することになろうとは・・・・。

私も、少し前まで「血」はそこそこにしか捉えていませんでした。

日本人の死因でもっとも多いのはご存知の通り「がん(悪性新生物)」。
では、2位以降にはなにが入ってくるのか、知っていますか?

心疾患、脳血管疾患は、まさに”血”が原因で起こる病気。
この問題を引き起こす原因(リスクファクター)の1つである動脈硬化は、自覚症状なく進行します。

動脈硬化はさらに脳梗塞(脳血管疾患のひとつ)、心筋梗塞(心疾患のひとつ)の原因となるので・・・・

気づかないうちにバタン!という可能性も十分あるのです。

もちろん、脳梗塞を患ったとしても助かる人も多いですし、元気に復活できる方もおられるでしょう。

とはいえ、どうせなら元気なまま過ごしたいはず!

ここでは、「血液と血管」の基礎知識をまとめてみました。
あなたの将来を元気に過ごすための大切な記事ですので、ぜひご一読されてみてください。


血液と血管で人生が決まる基礎知識記事一覧

地球上の多くの生物の中に流れるのが”血”。あなたのからだの中にも、絶えず流れ続けています。とはいえ、血とはいったいなんなのか、なんのために存在するのか、自分のことでさえもよく分からない・・・とお考えではないでしょうか?人間ではないほどの冷酷な相手を評価するときには「血も涙もない」という慣用句があります。ほかにも人間らしさを感じたときの「血が通う」という言葉もありますね。血は人間・命そのものを表して...

脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、心筋梗塞・・・「血管が切れたり、詰まったりして起こる病気」であることぐらいは、あなたも想像できるでしょう。では、どうしてそんな病気になるのか病気への対策はできないのかあなたも気になっているのではないでしょうか。こちらでは、これらの重い病気の原因となる、「動脈硬化」、「血栓」、「血液ドロドロ」について、それらの原因とほうっておいた場合、防ぐ場合はどうするか、まとめてみま...

いまの「血液と血管」がいい状態かどうかなんてどうやったら分かるんだろう?なにか気をつけるべき自覚症状ってあるのかしら?こういうことあったら危険とか・・・ご自分のからだを注意深く観察しようとしているあなたへ。ちょっとした自覚症状で、気になることがあるのではないでしょうか。とくに怖いのは「動脈硬化」。動脈硬化は、脳卒中、心疾患のリスクファクター(危険な原因)。さらに、その自覚症状はわかりにくいのが特徴...

コレステロール・・・ってからだに良いの?悪いの?こんなちょっとした疑問はありませんか?コレステロールを減らせば病気を予防できるって聞いたんだけど・・・テレビではコレステロールは摂ったほうがいいって・・・いったいどっちなの?コレステロールは、ここ最近見直しされている成分です。昔はコレステロールといえば食べてはいけないものでした。でもいまはというと・・・。卵とかお肉とか、できれば好きなものは食べたい!...

オメガ脂肪酸・・・からだに良いと聞いたことはある・・・・なんとなくそう聞いたことがあるあなたへ。でも実際のところは「どんな効果があるのかはよく分からないんだよなあ・・・」と思ってはいないでしょうか?脂肪酸とは、あぶらを構成するメインの成分です。オレンジジュースのメインはオレンジ、りんごジュースのメインはりんごであるのと同じように、どの脂肪酸なのかで、あぶらの性質が決まるといっても過言ではありません...

page top