歯周病の予防と動脈硬化の原因

歯の病気で血管の病気になる原因が分かる!気をつけることは?

歯周病と動脈硬化

歯周病で動脈硬化?いったいどういうこと?

今のあなたはそうお感じかもしれません。
そもそも虫歯と歯周病の違いってなに?
では歯槽膿漏っていったいどんな状態??

素人にはわからないことだらけ!

結論から申しますと、歯医者さんには通ったほうがいいですよ。
放っておくともっとひどくなります。もっと早く行ってれば・・・と後悔するのはもったいないですね。

しかも動脈硬化になったら・・・笑い事では済みません。

先生に「ちゃんと磨けてますね」と言われるとうれしいものです。
では、どんなことに気をつけたらいいのか?

歯の病気と動脈硬化についてみていきましょう。


歯周病?虫歯?意外と知らない歯の病気の違い

歯周病と動脈硬化

むし歯(虫歯)

むし歯とは

まず、歯といえば「むし歯(虫歯)」でしょう。

子どもたちでもなっていることが多く、代表的な歯の病気とも言えます。

むし歯は「虫歯菌(ミュータンス菌など)」というバイキンから始まります。
虫歯菌はお口の中で”酸”をつくり、これが歯を溶かしてしまうのです。

酸が生まれる最大の原因は食べ物、とくに甘い物。はみがきをしない、または甘いものをよく食べる人は、お口の中も酸だらけ!

虫歯はひどくなると、歯が黒くズキズキ痛むように。

歯周病(歯槽膿漏)

歯周病とは

歯の病気で危険視されるのが『歯周病』。「歯槽膿漏」とも呼ばれます。

これは「歯周病菌」というバイキンから始まります。
歯周病菌は歯茎で炎症を起こします。歯を支える土台(歯槽骨)が溶け、歯周ポケットが大きくなり、歯も抜けてしまう。これが『歯周病』。

むし歯は「歯」で起こるものですが、歯周病は「はぐき」で起こると考えて良いでしょう。
ただ、どちらも「バイキン」が原因であることは同じです。

「歯周病菌」は目に見えない・・・と思いきや、実は目に見えることがあるのをご存知ですか?

それが『歯垢』。白く石になったやつです。

歯垢(歯のプラーク)

歯と歯の間などについている、白く石になったもの。

ただの石・・・と思いきや、歯垢には実は大量の細菌がいるのです。

もちろん、歯周病菌もびっしり。
つまり、石があれば、そこにバイキンもたくさんいるということ。

そのままにしておくと・・・

  1. 歯磨きでかんたんに出血するようになってくる・・
  2. 異様なにおいまで放つようになる・・・
  3. 骨が溶けて歯が抜ける!(歯周病・歯槽膿漏)

歯肉炎

歯肉(はぐき)に炎症が起きている状態。
これは、歯周病の一歩前の段階です。

はれる、痛む、歯磨きで出血する・・・となれば、気をつけるサイン!いまから早速、対策が必要です。

原因は「バイキン」です。石になった歯垢にはバイキンが大量にあります。そのままにすると歯肉炎に、そして放っておけば歯周病に!

若いうちは治療すれば問題なしですが、40代からは注意と言われます。早めの措置が肝心です。

動脈硬化

では最後に『動脈硬化』について。

もちろんこれは歯の病気ではありません。血管が硬くなり、もろくなった状態、つまり「血管の病気」と言えます。

実は、「歯周病」が動脈硬化と深い関係があることが分かってきています。

歯とは一見関連性がないように見えますね。では、歯周病と動脈硬化が、どういった関係にあるのでしょうか?


どう関係する?歯周病で動脈硬化が進行するメカニズム

歯周病と動脈硬化

動脈硬化とは、血管が硬く、もろくなった状態です。
これが起こる原因は、「血管に対する炎症」です。

動脈硬化はさまざまな不調や病気の原因となるもので、”死”にも関係するほど怖いものです。詳しくは『血管病のメカニズム』をご覧ください。

ではどうして、歯の病気が血管の病気につながるのでしょうか?

歯のバイキンがからだの中に入ったことが原因

ある日、動脈硬化を起こしている血管から、歯周病菌が検出されたことがわかりました。
さまざまな研究から、歯周病菌が血管に炎症を起こし、動脈硬化を進行させる・血栓をつくるきっかけになったと考えられているのです。

では、どうやって歯・はぐきにあったバイキンが、血管の中に入ったのでしょうか?

歯垢・バイキンが、歯周ポケットを大きくすることは、すでにご説明しましたね。
実は、この歯周ポケットから、血液内に侵入していたのです。

歯周ポケットからバイキンが侵入

そして、体内に入ったバイキン(歯周病菌)が血管を内側からいじめ、動脈硬化を進行させていたというわけです。

どうすれば歯周病による動脈硬化を防げる?

歯周病菌を作らない・すぐに取ることが対策といえるでしょう。

お口の中を清潔にしておくことです。具体的には・・・

  1. 歯のゴミをしっかりとる
  2. 歯垢を取る(歯垢はバイキンの温床)

歯のお手入れがなにより大切です。歯のお手入れに関しては、歯のお手入れの項をご覧ください。

歯周ポケットが4mmあると、軽度の「歯周炎」と判定されます。この歯周ポケットは歯医者さんで診てもらえますので、予約をとってみましょう。

動脈硬化は、それだけでは防げない

歯周病菌が血管をいじめることで、動脈硬化の原因となることを説明しました。

ただ、血管は歯周病菌だけにいじめられるわけではありません。
あなたが食事で口にしたものから、いじめられることもあります。

たとえば過剰な糖分や脂肪分です。

食べるものに気をつけることは、「血液と血管にやさしくすること」でもあるんですね。
いま一度見直してみてはいかがでしょうか。

\「血液と血管」にやさしい健康習慣/


歯周病が全身に引き起こす病気と注意が必要な病気

歯周病と動脈硬化

よもや、歯周病が全身に影響を及ぼすことになろうとは・・・
歯が痛くなるだけかと思ってた・・・

実はこっそりとこう思っていませんか?無理もありません。私も初めて知ったときは度肝を抜かれた思いでした。

血流は全身を巡っています。バイキンが血液・血管の中に入るということは、バイキンも全身にまわるということです。

そうなると、からだのどこかで炎症を起こす可能性があります。
動脈硬化が進むと、血管病を引き起こす原因に!

そんな血管病と、歯周病で気をつける病気をかんたんにご紹介しましょう。

狭心症・心筋梗塞

動脈硬化は全身で起こります。その中でも、人間の中心になる「心臓」で起こると命に関わります。

心臓から心臓に血液を送る非常に重要な「冠動脈」は、血流のもっとも基点となる場所といっても良いでしょう。

この冠動脈が細くなるのが『狭心症』、
冠動脈が詰まり、さらに危険な状態になるのが『心筋梗塞』です。

主にドロドロ血液など生活習慣の悪化が主な要因で、突然死のリスクも。

脳梗塞

脳血管で動脈硬化が起きた結果起こる病気。
脳血管が詰まると『脳梗塞』、血管が切れると『脳出血』です。

これも突然死の原因になる恐ろしい状態です。

歯周病の人は、脳梗塞になる確率が高まっていることもわかっています。

糖尿病

糖尿病の人は、歯肉炎・歯周炎にかかっている人が多いことがわかっています。

歯周病菌が発生する毒素(TNF-α)がインスリンを邪魔するため、血糖値がうまく下がらないようにするのだそうです。

しかし、歯周病治療をするだけで改善がみられるので、歯医者さんで治してもらいましょう。

骨粗鬆症

骨がもろくなって骨折しやすくなる状態で、更年期障害の一つです。

歯周病菌は骨を溶かすとご説明しましたね。骨粗鬆症も骨が弱くなる症状です。

エストロゲンという女性ホルモンの減少が原因で全身に関係するため、歯も例外ではありません。

そのため、歯肉炎もなかったのに、突然歯周病に・・・ということも。

メタボリックシンドローム(メタボ)

「メタボ=肥満」という認識があると思いますが、実際にはそれに加えて「高血圧、高血糖、脂質異常症」といった血管病も加わったもっとひどい状態です。

糖分のとりすぎは肥満、血液ドロドロのほか、むし歯の原因にもなります。
過剰な血糖値や塩分は血管力を落とし、動脈硬化の原因にもなるので気をつけたいところ。

肥満そのもの(内蔵脂肪)が歯周病を進行させると考えられています。
そして血管病は動脈硬化の原因に、歯周病は動脈硬化を促進させると考えられており、
負の連鎖(悪い相乗効果)が重なるのです。

メタボはかわいく捉えられますが、本当はもっと怖い状態なのですね。

歯周病・・・放置しすぎると命を奪う!

「歯医者に行かないと死ぬ」。こう聞いたら「大げさな・・・」と思うかもしれません。しかし、そんなに間違いでもないのです。

歯周病にならないようにし、歯周病の兆候があるならすぐに治療!
治療とともに、日々の適切なブラッシングが重要!

歯周病を予防しない理由はありません!!

心臓病、脳卒中、骨粗鬆症などなど、どれもが生活習慣病と言われるものです。
そして、歯磨き・食生活の積み重ねでなるむし歯や歯肉炎、歯周病も、生活習慣病の一種といえます。

生活習慣病は互いに関係しあって、”共食い”のようにからだを悪くする「合併症」を引き起こすんですね。

生活習慣病ガイド

生活習慣病も、「血液と血管」にやさしくする健康習慣で予防することが期待できます。
習慣を変えない理由はありません。あなたの心がけ次第です。

\「血液と血管」にやさしい健康習慣/


こんな症状があったら注意!歯周病の兆候セルフチェック

歯が痛い・・・!?でもすぐ治ったからいいか・・・
あなたはこうなっていませんか?

歯の問題って、放置しやすいんですね。もしかしたら「歯医者が怖い」「行きたくない」のかもしれません。

しかし、厚生労働省の調査で、45~54歳の中年層の80%以上の方が歯周病の兆候がみられることが分かりました。

たとえば、あなたにこんな自覚症状はありませんか?あなたのいまの歯の状態をセルフチェックしてみてください。

朝、起きたときに口の中がネバネバする
口の中が乾燥した状態は細菌が活動しやすいのです。朝起きたときに口の中がネバネバとするのは、乾燥しているからです。これが歯垢、炎症の原因となります。
睡眠中の唾液の操作はできませんから、寝る前に必ずはみがきをしましょう。
冷たい飲み物が時々しみる
歯周病が原因しみる場合、歯周病が進行したことによって、歯のまわりの骨が溶け、象牙質が露出したためと考えられます。似たような状態で「知覚過敏」もあります。歯ぎしりや噛みあわせが強い人がなりやすいです。
虫歯でしみる場合は、ズキズキとしばらく痛むのが特徴です。
歯が長くなったようにみえる
誤ったはみがきのやりかたや歯周病ではぐきが下がってくることがあります。それ以外にも年齢とともに下がってくると言われています。気になる場合には、歯医者さんで診てもらいましょう。
歯垢が多い、放置している
歯垢は歯につく白い石ですね。これ、ただのヨゴレではありません。歯周病菌の温床なのです。非常にバイキンがたまっている。
あまり硬くなると歯ブラシでは取れなくなります。歯医者さんに行くと、一生懸命とってくれますよ。
はみがきで出血する
はみがきで血が出るのは、炎症が起きているという理由が大きいです。刺激に弱くなるんですね。
食べ物が歯や歯周ポケットにはさまる
一度はさまると、通常の歯磨きではなかなかとれません。よって、歯垢、歯周病菌がたまる原因になります。
正しいブラッシングのほか、歯間ブラシ・デンタルフロスで間を一つ一つ丁寧に磨くことが大切です。
歯肉(はぐき)がはれることがある
歯肉(はぐき)がはれるのは炎症が起きているためと考えていいでしょう。すぐになくなるからといって、放置しているとどんどん進行します。
この症状で歯医者さんを受けると「疲れてますか?」と聞かれることがあります。免疫力が減ったときに起こることもあるんです。
口の中が臭いと指摘される
「くさいと言われたけど、なにをしても良くならない・・・」という場合、歯垢、歯周病菌、歯槽膿漏の可能性があります。治療する以外には、なにをしても良くならないでしょう。

歯のことは歯医者さんが一番です。歯医者さんはプロですから、歯の状態を見ただけで、なにが足りないのかわかります。

どんなお手入れが大切?からだを守る歯の病気予防方法

歯周病と動脈硬化

むし歯、歯肉炎、歯周病になる原因は、口の中が清潔でないことです。

ゴミはしっかり取り、歯垢(プラーク)をつくらないようにすることを心がけましょう。

食べる物を考え、食後は歯磨きをしてむし歯を予防する

食後は口の中は酸まみれになります。酸は歯を溶かす原因になると申し上げましたね。
はみがきで酸を中和しましょう。

とくに甘いものは、酸が特別多くなります。食べるのを控えたり、食べたら必ず歯をみがくなど、自分なりのルールをつくってみましょう。

毎日数回のブラッシングと歯医者さんでの歯のお掃除で歯周病を予防

口の中をとにかく清潔をすること考え、歯磨きと歯医者さんでしっかりとプラークコントロールを。

歯みがきは、かんたんなようにみえて、意外にむずかしいもの。
歯医者さんに行くと、歯垢をゴリゴリと取るだけでなく、フッ素も塗ってくれるので、より歯を健康に保てます。

自分で歯周病対策!歯垢を予防してお口を清潔にするはみがき4つのポイント

  1. 毎日・食後の歯磨き!
  2. 寝る前は必ず歯磨き
  3. 歯と歯の間にブラシを入れ、歯周ポケットもなぞるようにして磨き、ゴミを取る
  4. 歯間ブラシ(デンタルフロス)をつかって、歯と歯の間の残さず取る

歯医者に通う

歯医者さんで行っているのは、歯周病・むし歯の定期検診と予防、
歯垢をとる歯の掃除、フッ素を塗る、むし歯や歯周病がみつかった場合の治療など。

良い歯医者さんでは、正しいブラッシングの仕方や、歯が悪くなるメカニズムを解説してくれます。


歯の病気と動脈硬化のまとめ

歯周病から動脈硬化について、まとめます。

  • 歯茎からバイキンが体内に入る
  • 血管がいじわるされ、動脈硬化を促進する
  • お口の中を清潔に保つこと。歯医者さんに行くこと

歯周病を予防すれば、虫歯の予防にもなります。

とくに歯医者の先生には、ちゃんとお口を気をつけているかいないかは、みたらすぐに分かってしまいます。

そんな先生に「ちゃんと磨けてますよ」と言われるのはとてもうれしいことですよね。

できれば指導を受ける前に必要な予防をし、定期検診で褒めてもらえるよう、がんばってみては。

歯みがき・歯医者さんだけでなく、食べるものを気をつけるだけでもだいぶ違います。
動脈硬化を防ぐ方法は数あれど、まとめると「血液と血管にやさしくする」ことです。

これからも元気でいる秘訣!あなたも以下のページを読んでみてくださいね。

おすすめ記事

 

おすすめ記事その1

血液と血管にやさしい健康習慣【総集編】サラサラパワーであの元気を自分も…
なんであの人あんなに元気でいられるんだろう・・・私は・・・こんなことにお悩みのあなたへ!原因は”血”にあるかもしれません。元気あふれるサラサラの方法とは・・・

 

おすすめ記事その2

50代必見!オメガの健康効果!なぜDHA・EPAにサラサラパワーが?
DHA・EPA、オメガ脂肪酸にピンときたらこちら。いったいどんなことにいいのかまとめてみました。効率的な摂り方とは?

 

おすすめ記事その3

DHAサプリメント『きなり』の購入体験~口コミをお探しのあなたへ
DHA・EPAのサプリメントとして話題の『きなり』を購入!レビューを書いてみました。「魚って苦手なんだよ」という方でも気軽にDHA・EPAが摂れますから便利ですよ。成分の配合・コンセプトなど、なかなか優秀なサプリメントです。

page top