オメガ3系脂肪酸(DHA・EPA)

世界の常識!健康的なサラサラを手に入れるとっておきの成分の知識

オメガ3(DHA・EPA)のとり方

  • オメガ脂肪酸・・・なんだかからだにいいとは聞いたことがある
  • 健康診断でも数値の指摘をされて、食生活の改善を指導されている
  • でも魚は苦手なんだけど・・・

あなたは、「魚はからだに良い」と聞いたことはありますよね。
そんなお魚さんが持っているのが『DHA・EPA』と呼ばれる、『オメガ3系脂肪酸』です。

あなたが食生活の改善、体調の改善を考えているなら、まず『オメガ3系脂肪酸』をいただくことからはじめてみてほしいのです。

これは、健康の話、とくに”血”の話では、必ずといっていいほど出てきます。

でも、なぜそれがからだにいいのか、あなたは知っていますか?
魚を食べないとどうなるのでしょうか?
魚以外でオメガ3系脂肪酸を食べる方法は?

血液と血管は勝手には強くなりません。年齢とともに血管は硬くなり、放っておけば「晩年ドロドロ」状態になりかねません。

今すぐなんとかしないとならないでしょう!

あなたに合う方法で、賢くいただいてみてください。


お魚さんの栄養 オメガの効果とは

魚の栄養 オメガ3(DHA・EPA)

お魚さんの血液の秘密・・・魚とサラサラの関係

お魚さんがからだに良いとはよく聞きますが、ではどんな健康効果があるのでしょうか?

冷たい海の中を回遊する魚類ですが、そんな冷たい環境の中でも血液は凍らずに元気に流れています。
そこで、魚の油に注目が集まるようになったのです。

実は、お魚さんが持っている『オメガ3系脂肪酸』が、血液をかたまらないように守っていることがわかりました。つまり『サラサラ』を持続させるのです。

脂肪酸は「あぶら」を構成するメインとなる成分。 人間がこれを食べれば、からだの中の脂肪酸と置き換わります。

逆にいえば、悪い脂肪酸を食べ続ければ、体内の脂肪酸は悪いもので満たされることになるのです。

では、現代人の体内の脂肪酸はどうなっているのでしょうか?

食べる油の悪化・・・魚を食べようと言われる理由

時代とともに、日本の食事も欧米化してきました。その結果、油のバランスが悪くなったのです!

魚の油は摂らなくなり、家庭で揚げ物料理やドレッシングなどの油が増えました。

一時期は「動物性の脂は血液をドロドロにする。植物性の油なら安心」なんて言われていた時代もありましたよね。
しかしこれらの油も「動脈硬化を促進する」ことがわかってきたのです。

これを解消するのが『オメガ3系脂肪酸』をもつ魚の油。
かんたんに「オメガ3」と呼ばれることもあります。

オメガ3には、動脈硬化をおさえる働きがあるんですね。
これはほかのオメガ脂肪酸にはない、「善玉コレステロール」を増やすという大きな特徴のおかげ。

油はバランスが大事なのですが、『オメガ3』は食べている量が少ないと言われています。

あなたが「魚は食べない」「とくに意識はしていない」というなら、まさしく食べたほうがいい油。だから、「魚を食べよう」と言われるのです。

DHA・EPAの効果

DHA(ドコサヘキサエン酸)の効果
  • 記憶力を向上させる
  • 物忘れ、認知症を改善させる
  • 血液をサラサラにする
  • 動脈硬化を予防する
  • 体の炎症を予防する
考える仕事を支えてくれる
EPA(エイコサペンタエン酸)の効果
  • 血が固まるのを予防する
  • 血液をサラサラにする
  • 動脈硬化を予防する
  • アレルギー症状を予防する
  • うつ気分の改善
サラサラパワーばっちり

「魚を食べると頭が良くなる」と言われるのは、主にDHAのおかげ。EPAはとくにサラサラパワーが強めです。

ただ全体的には似たようなパワーをもっており、だいたいいっしょにして語られることが多いですね。

お魚さんを食べることで両方ともいただけます。むしろお魚さん以外ではむずかしい。
よって、お魚さんを食べるべきというわけです。


魚を食べていないせい?こんな問題出ていませんか?

栄養不足による体調不良

魚は好きじゃないし…とくに問題出ていないから、別に食べなくてもいいのでは?」
そのように考える方もおられるかと思います。

オメガ3系脂肪酸は、体内で合成できません。ですから、食事でしっかりいただくことが必須となります。

それでは、魚を食べていないとどうなってしまうのでしょうか?
もしかしたら、あなたにこんなことは起きていませんか?

健康診断の検査数値が悪い

血糖値が高い、血圧が高めと指摘されたことはありませんか?

食生活のバランスの悪さがもたらすのが「血液ドロドロ」。
血管が詰まりやすくなる悪い状態なのですが、これが動脈硬化、血栓症の原因になるのです。

血管年齢の老化を指摘されたことがある

血管は年齢とともに硬く、もろくなります。血管が老化すると、動脈硬化のリスクを引き上げ、健康にも悪影響を与えやすくなります。

人は同じ習慣を繰り返す生き物。もしそれが悪習慣だったら、老化を早め、しかも勝手に良くなることは決してありません。

シミが目立つようになってきた・・・化粧品をつかってもなかなか良くならない

血管の老化は見た目にも現れやすいのが特徴。栄養素が十分に行き渡らないことで、肌荒れやシミなどお肌のトラブルも引き起こすんですよ。

お肌の中身から悪くなっているわけですから、もはや化粧品だけではなんとかなりません。しっかり内側からアプローチしていく必要があるのです。

疲れやすい、なんとなくだるい・・・原因がよくわからない未病が続いている

だるい、昼間に眠くなる・・・という症状は、原因がわかりにくいもの。気にしなくてもいい人もいるかもしれませんが、できれば昼間もずっと元気でいたいとは思いませんか?

これらが考えられる原因はいくつか考えられます。「腸内環境の悪化」、「自律神経の乱れ」、「更年期障害」などなど・・・。

しかし、「血液と血管」には意外に気をつけていない人が多いと思います。あなたも、実はあまり知らなくていろいろと調べられているのかもしれません。

物忘れがひどい

「魚を食べると頭が良くなる」と言われるのは、主にDHAのおかげです。
DHAは血液脳関門を突破できる数少ない成分。かんたんに言うと、脳を助けるスゴイ奴なのです。

脳はからだの中でもっとも重要な器官。なんでもかんでも成分を通すわけにはいきません。
DHAはそれを許された、「VIP待遇」の一つなわけです。

この脂肪酸が脳の細胞膜になりうることがわかっています。DHAを摂ることが、脳の機能のサポートすることになる、ということなのです。

血液と血管は、勝手に強くなることはない!

どれも「血液と血管」に関係することがわかりますね。

すべての栄養素は、血液に乗って全身に運ばれます。健康的なサラサラは、これを全身にくまなく運ぶのに重要なんです。

この「サラサラ」をサポートするのが「オメガ3」ということ。

50代以上は血管が老化してきます。必ずなんとかしなければなりません。
そして、これには「蓄積」もあります。今大丈夫だからといっても、一年後も安心とは言えないのです!

その中でも、DHA・EPAはもっとも効率の良い栄養成分であると言えるでしょう。


DHA・EPAを魚以外でも効率よく摂る秘訣

オメガ3(DHA・EPA)のとり方

魚にはない、こんなメリットも!

DHA・EPAといえばお魚さんです。ところが、お魚さんを食べることにもデメリットがあります。
好きなだけ魚を食べればいいということでもないのです。

焼いたり揚げたりすると、摂取効率が落ちる!

焼く・揚げることで、油が落ちてしまいます。ということは、DHA・EPAも落ちてしまうのです。

好きで食べるならいいのですが、健康のためであれば、生魚で効率的に摂りたいところ。

青魚がもつ水銀を一緒に食べてしまう

水銀は、魚が持つ金属。魚を食する人は、水銀が多めであることは知られています。
中毒を起こすほどではないものの、厚生労働省は妊婦の方には注意を促しています。

以上のことから、お魚さん以外でもDHA・EPAを摂ることが、健康的なサラサラの秘訣なのです。

では、どんな方法があるのか、みてみましょう。

 
あまに油・えごま油

オメガ3系脂肪酸が摂れるとして昨今注目されるのが『あまに油・えごま油』です。

あまに油

あまに油は「亜麻」が原料の油。亜麻は、ごまに似たような植物です。
オメガ3系脂肪酸である、「αリノレン酸」を多く含んでいます。

あまに油入りドレッシングを使ったり、あまに油と混ぜて自家製ドレッシングをつくるなどして、摂取できます。

加熱調理用に使うことはできませんので、ドレッシングやジュースなどに混ぜて使います。

生地としても活用され、柔らかい風合いが特徴のリネンがそれです。

えごま油

えごま油(しそ油)は「荏胡麻」が原料。えごまは、シソの仲間です。

あまに油と同じく、αリノレン酸を多く持っているのが特徴。

やはり熱には弱いので、ドレッシングやジュースに混ぜて使われます。間違っても加熱してはいけません。

αリノレン酸は、体内でDHA・EPAに変換されることがわかっています。しかし、その量は不十分であるとされています。

 
DHA・EPAのサプリメント

栄養素を効率よくいただく方法として、以前から注目を浴びるのが『サプリメント』。

水と一緒に飲むことでばっちりといただけます。
調理の必要もなく、毎日どこかに買い物に行かなくても摂取できる手軽さが人気です。

特定の栄養を中心に粒に入れているので、栄養を効率よくいただいたり、調整に最適です。

もちろんDHA・EPAサプリメントも普及しています。
その成分は主に魚油由来。なので、お魚さんの代わりにサプリメント、という感じで飲むことかできます。

食事などのときに、1~2粒くらい用意して飲めばいいのです。とてもかんたんですよね。

もちろん、これらがあったら魚は食べなくてもいいとは言い切れません。
ただ、DHA・EPAだってちょっとした工夫でしっかりといただけるわけです。

あなたの好きに合わせて、毎日楽しく続けられるものを選ぶと良いでしょう。


DHA・EPAのまとめ

オメガ3系脂肪酸や、DHA・EPAの知識は身につきましたか?

ここでまとめましょう。

  • 悪いあぶらを食べ続けると・・・からだにたまる!
  • 良い脂肪酸をいただくと、からだの中で置き換わる!
  • オメガ3系脂肪酸「DHA・EPA」をいただこう
  • 今なら、自分の好きに合わせて効率的にいただける!
サプリメントに注目!

オメガ3(DHA・EPA)のサプリメント

栄養の効率として、サプリメントは切っても切り離せない存在となるでしょう。

水銀やほかの成分を気にすることなく、
なにより調理の手間が省けることは最大の魅力です。

普通は栄養のためにあれもこれも食べる必要があります。しかしサプリメントなら必要以上に食べなくて済みます。

食べ過ぎは胃腸に負担をかけ、これも疲れの原因となりますから。

それだけではありません。

サプリメントを飲み続けることが健康習慣に意識をもたせ、いろんなことを自ら改善していけるようになっていくはずです。

血液と血管は、勝手には強くなりません・・・ですから、あなたが「なんとかしよう」と思っているなら、いまがチャンスです!

その方法として、「DHA・EPAを摂る」ことからはじめることは、とても簡単でやりやすいのではないでしょうか。

私自身が試してみましたサプリメントがありますので、ぜひあなたにみていただきたく思います。

迷ったら、こちらを試してみてください。

わたしが試してみたサプリメント

page top